特殊製品事例

事例2トンネル用ウィープホールのメンテナンス

相談内容

トンネル用ウィープホールの設置から30年が経過して、
フィルターが目詰まりしてしまった。

交換ができない為、新しいウィープホールを設置したいが、
目詰まりしてもメンテナンスできる製品はないか。

問題の整理

  • 従来品ではコンクリートに製品を埋め込むため、設置後はフィルターの清掃、交換はできない。
  • 地山側には地下水があり、削孔箇所から勢いよく湧水が出てくるため、施工が難しい。

GT-25

解決方法

  • サヤ管ウィープホールの二重構造にし、将来的に取り外してメンテナンスが可能な構造とした。
  • 水膨張ゴムをつけることにより、湧水があっても施工可能とした。

XGT-25

特殊製品開発フローチャート

  • 現場状況の
    聞き取り
  • 情報の整理
  • 企画、提案
  • 製品化

お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページトップ